代表メッセージ

プリントネットの歩み

弊社の創業が1968年、私が3歳の時、親父と母が個人創業致しました。
当時の工場は、母方の農業倉庫(馬小屋)を貸してもらい、床は土で機械を据える位置に鉄板を敷いて設備した、1台の活版機でのスタートでした。
その頃は米と野菜を作る田畑があり、農業と印刷業の兼業でのスタートでありました。
私も小さいながらにも学校から帰ったら、農業の手伝いや印刷製本の手伝いをし、両親の働く背中を見て育ちました。
本業で生活できる日が何時来るのか?
毎日が戦場の様でありました。
毎日の居場所も妹と二人、工場で遊び、夜中になると何時の間にか、疲れてそのまま椅子の上に寝ていました。
その様な零細企業であり、家業の印刷会社だけは継ぎたくないと思っておりました。
しかし学校を卒業すると、親の勧めで製版会社に勤務するようになり、2年程で家業の小田原印刷へ帰ってきた当時の従業員は1名でありました。
私も写植・版下・製版・印刷・製本・配達・営業と20年間、親父と母を含め従業員と必死で、売上を伸ばして来ました。
でも鹿児島と言う地域で、厳しい競争化の中、これ以上のビジネス向上には限界があると思い、綺麗に精算して数年たったら廃業と覚悟しておりました。
その様な状況で、親父が65歳となり私に代表を譲ることになりました。

IT製造企業として

2005年、私が39歳、楽天ビジネスを開始。
親父は以前からインターネットで、ビジネスを構築したら良いと、アドバイスをくれておりました。いわゆる第2創業期であります。
当時の従業員は15名、少しでも売上の足しに出来ればと思い、パソコンの文字打ちもろくに出来ない私が一人で始めました。
関東からのお客様が特に多く、リピーター率も増加、パートの女性を1名雇用し、Webサイトを構築して、2名の営業の売上を私が超えた時、この道、通販専門で必ずやり抜くと強い思いを持ちました。
官公庁の入札参加も中止させ、全員が印刷通販へ向かいました。
そもそもリピーターの増加は、低価格はもちろんの事、顧客との信頼関係の構築、確実な製品を、確実な納期で納める。
天候不良等も視野に入れながら、常に前倒し発送を心がけておりました。
今でこそ東京支店・東京西工場と拠点はありますが、当時は遠い九州工場で信頼関係を築くのに必死でありました。

印刷のプロフェッショナルとして

現在は従業員数も200名を超える規模に成長を遂げておりますが、2012年に教育元年を掲げ、当り前の5S活動・品質の国内基準、ジャパンカラーの認証を取得すべく、全従業員で教育活動に取り組みました。
今でも年1回は、各拠点にて教育研修を行っております。
工場も販売も総務も進むべき道、方向性は同じであります。
同時に人事評価制度も明確にし、会社と個人が成長できる仕組みづくりを構築した結果、年間の社員定着率向上に繋がっております。
年々、各個人が成長しスキルUP、製造スピード及び製品の品質も良くなると言う事は、粗利益率も良くなります。
この粗利益が良くなればお客様にも、更に価格転換できるようになります。
今後も印刷通販プリントネットは、初心を忘れることなく、常にお客様目線で、常に改善、常に前進してまいります。

印刷通販事業

  • プリントプロ
  • プリントネット