プリントネット株式会社

代表メッセージ

プリントネットの歩み

地域密着型の小規模事業者からスタートした1968年。 当時は高度成長期、印刷業界も最盛期へと突入し、 弊社も小さいながらに拡大路線を歩んでまいりました。
ところが印刷業界を取り巻く環境も年々厳しくなり、 次のビジネスモデルの構築を、やむ無く進めなければなりませんでした。
しかし、それは同時に社業の発展及び生き残りへの挑戦でもありました。
そこで2005年、ネット印刷ビジネスへと舵を切ることを決断致しました。
2008年のリーマンショック以降、印刷業界は不況業種となり、停滞期へと突入するも、 ネット印刷業界は毎年右肩上がりで推移していきました。
弊社も更なる上を目指し株式公開へと進むことになり、 2018年10月18日、東証JASDAQへと上場致しました。
それまで生産設備もギリギリの状態であった為、 思い切って7台(※)の印刷機の入れ替え及び増設を行いました。
九州工場の新築移転・印刷ECサイトのM&Aと大幅な投資を行って参りました。

これからのプリントネット

前期、新型コロナ感染症拡大に伴う今後の売上ダウンを見越して、即座に2拠点の工場の統廃合を決断し、実行しました。
また、運賃や用紙の値下げ交渉に成功し、仕入れ及び経費の削減につなげております。
2020年の後期は、前期に近い売上まで戻すことが出来ております。
2021年以降は、独自のマーケティング手法により売上成長を図ります。
 ① システム化した新PNビジネス
 ② 次世代基幹システム
 ③ 強固な財務基盤
 ④ 成長し続ける為の人材基盤
 ⑤ 独自の生産自働化構想
特に ① の新PNビジネスに関しては、2021年から徐々に軌道に乗せることが出来るかと思います。
これらを売上の柱として、今後PNの大きなビジネスモデルへと進化させます。
現在、工場の生産も上場前と同じく高稼働状況にあり、損益分岐点も越えられる状況にありますので、営業利益を高められる商品を重点的に絞って印刷受注を致します。
このように弊社と致しましては、どのような外部環境の外的要因にも耐え得る会社へと進化して行きますので、今後ともプリントネットをご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

※2018年8月~2020年1月までの大型オフセット印刷機の入れ替え・増設台数

印刷通販事業
  • プリントプロ
  • プリントネット

TOP